健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水素水の濃度を表すppmとは?オススメの濃度の値は?

スポンサードリンク

アンチエイジングや生活習慣病や美肌などへの効果があると言われている水素水

健康飲料だけでなく医療現場でも使われているそうです。

そして水素水を購入する時に気になるのが、ppm

水素の濃度を表す単位なのですが、どの購入する時に参考にする値は

どれくらいなのでしょうか?

水素水の濃度の単位とは?

水素水を購入したり調べてる時に必ずと言っていいほど出てくる水素濃度、ppm

これは、水の中に含まれる水素の濃度を表す単位で、ppm ppbがあります。

よく目にするのが、ppm  いったいどのような単位になるのでしょうか?

  • ppm・・・パーツパーミリオンと呼ぶそうです。1ℓの水の中に、1mgの水素水が
           含まれていることを表します。
  • ppb・・・パーツパビリオンの略です。1000分の1の濃度となるそうです。

水素水の事を調べてるとよく出てくるのは、ppmの単位になりますね。

しかし、「m」と「b」じゃ、かなり差があるのでご注意を!

水素水の濃度は高い方がいいのか?

では、水素水を購入する時には、濃度が表記されており、その濃度の数値を目安として購入するかと

思います。今一つ実感がわかない気します。

水素水生成器で水素濃度を紹介しましたが、それで作られる水素水の濃度は、500〜900ppb

ppbは、ppmの10億分の1になります。改めて、単位について再認識させてもらいました。

一般的な水素水の濃度は?

一般的な水素水の濃度は、1ppm〜1.66ppm程度が一般的な水素濃度と言われているそうです。

広告などでそれ以上の濃度の数値を宣伝するような場合もありました。

しかし、実際に飲むとなったらそれだけの濃度を維持出来てるかといったらそうではないようです。

日本のどこかで水素水を汲んだ後に、空気に触れてしまったりとかあると思いますしね。

いかに水素水が身体にいいからと言って、がぶ飲みしたりするなど間違った飲み方をしていれば

金額面では間違いないそうです。

ちゃんとした飲み方をして、適度な量を摂取した方がいいみたいですね。

そして水素水の効果が期待出来る濃度は、いろいろ調べてみると調べてみた所

0.8ppm前後が期待出来そうとの事ですね。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 361現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: