健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水素水で作った緑茶は風邪の予防に効果的なのか?

スポンサードリンク

だんだんと寒くなってきましたね。

つい最近まで昼間は暑くて秋がやってこないのではないかと思ったくらいです。

それは、一瞬にして寒くなっちゃいました。寒くなってくるとこの時期は、

風邪の予防などが大事ですよね。

緑茶が風邪の予防にいいとか・・ 始めて聞いたので、その辺りの事を調べてみました。

風邪を引かないようにする為には

そろそろ寒くなってきて、風邪も流行になってくる季節になってしまいましたね。 

暫くするとインフルエンザも流行になってくるのではないでしょうか? 

風邪やインフルエンザに掛かってしまうと、気も重くなりますし、

仕事などや私生活にもかなり影響が出たり、感染の面でも周りに迷惑をかけるので、

出来れば普段から予防につとめておきたいですね。

風邪は万病の元ともいいますから、気をつけなければいけない病気でもあります。 

掛かってしまったのであれば、しっかり治療して早く完治すればいいのですが、

出来る事ならば普段の生活から予防に気をつておくといいですよね。

一番簡単な予防方法としては、外出先から帰宅した時には手洗いとうがいがですね。

そのうがいなんですが、普通は家庭の洗面場所での水道水でのうがいだと思います。

それを緑茶ですると風邪の予防に効果的なんだそうです。

お茶でのうがいが風邪の予防になる理由とは?

風邪を予防するのにお茶がいいのは、以前からしられていたそうです。 って事は・・・

私が単に知らなかっただけですね。

芝大門いまづクリニック今津嘉宏院長が、前にテレビで緑茶でのうがいの事に

ついて述べていました。

今津先生曰く、

たとえば風邪を引くと、のどに菌がつき炎症を起こしてしまうことがあります。そんな時に緑茶でうがいをすると、患部を消毒して治す効果が期待できる。

との事だそうです。

緑茶のうがいは、風邪を予防するだけでなく、引いてしまってからも充分威力を

はっきりするそうです。

その威力を発揮するのは、緑茶に含まれるカテキンという成分

この成分には、殺菌作用をもっており、菌を退治してくれるそうです。

風邪予防に効果的なお茶の選び方は?

緑茶でのうがいが風邪予防に効果的なのは、お茶に含んでいるカテキンの含有量に

左右されるようです。

お茶に含まれるカテキンが多い順に並べますと、

釜炒り茶>前茶>番茶>玉露茶>紅茶>ほうじ茶>ウーロン茶 の順になるそうです。

日常生活で比較的に手軽に購入しやすいものとしたら、前茶や番茶がいいと思います。

市販のうがい薬を購入する前に、日常で出来るお茶からやってみるのも

いいのではないでしょうか?

そして、美味しいお茶を飲むのには、水道水よりは水素水を使って入れたほうが、

より美味しく飲めるともいいます。

水素水で作った緑茶は、風邪の予防に効果的か?

水素水は、密閉した状態で冷蔵保存したほうがいいと言われています。

水素水は、加熱すると水素が抜けやすい性質があるみたいです。

なので、暖めてしまったら本来の水素水の威力を発揮出来る事は

ないかもしれませんが、水道水で作ったお茶よりは、いいのではないかと

思います。

また、緑茶全部でうがいするわけではなく、残ったお茶は普通に飲める

わけですから、身体にも優しいと思います。

風邪を予防するという点では、お茶でのうがいが効果的であるならば

普段から習慣にしておくといいのではないでしょうか?

また、水素水を加熱すると抜けやすいから嫌だと思うのであれば、

水素水成器でお湯が作れるタイプのものがあれば、安心なのでは

ないでしょうか?

お湯が作れる水素水生成器は、こちらになりますね。

水素水生成器:ジームスシルキー

普段からうがいが習慣化されていれば、風邪の予防にもなりますし安心ですね。

うがいをしているからって、必ずしも風邪にかからないとは言えませんが、

習慣としてうがいをしておくのが大事だと思います。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 129現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: