健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性の症状と種類とは?予防や改善方法を解説!

スポンサードリンク

こんばんは! 今日は、底冷えが下一日だったような気がします。

寒くなってきましたし、いよいよ冬本番ですね。

この季節になってくると女性の悩ませるのが冷え性です。

冷え性のタイプや予防、改善方法など述べてみたいと思います。

女性を悩ます冷え性のタイプとは?

女性を悩ます冷え性ですが、タイプとして次の3タイプのタイプがあると言えます

これからの冷え性には、原因の違うタイプでありますので、原因にあった対処方法が

必要であると言えます

・冷え性のタイプ

    1. 四肢末端型冷え性
    2. 下半身型
    3. 内蔵型 

 の3タイプの冷え性があると言われています。 簡単にどのような症状なのか

 紹介してみますしょう。

 1.四肢末端型

  症状としては、手足の先が冷えるタイプです。主に痩せ形の人に多いようです。
  手足の末端かた冷える冷え性とも言えます。
  10代〜30代の女性に多く見受けられます。

 2.下半身型冷え性

  足先から腰の下半身が冷える冷え性です。40代以降の女性がなりやすい傾向に
  あります。更年期障害の症状にも似ていて、中高年の男性にも多いそうです。

 3. 内蔵型冷え性

  隠れ冷え性とも言われています。手足がやたら暖かいけど、実は内蔵が冷えている
  人の事です。身体の中が冷えているので、内蔵疾患や胃がんや大腸がんなどの

      病気に繋がる可能性があります。どの年齢の方にもいらっしゃるようです。

冷え性の改善方法は?

最近は、女性だけでなく男性にも冷え性になる方が多く見受けられます。

女性の方が男性より冷え性の人が多いには、筋肉量の違いによる所が多いそうです。

ジムなどに通ってトレーニングなどしているのは、男性の方が圧倒的に多いですよね?

普段からストレッチなどして筋肉を鍛えておくと若干違うのかもしれないですね。

家出も簡単に出来る筋肉トレーニングとして、経ちながら壁に向かって腕立てを

するといった事も可能です。 10回を3セットとからはじめて、徐々に増やして

いったりとトレーニングを楽しんでみるのもいいのではないでしょうか?

筋肉トレーニングは、辛いからいやなんていう場合は、次の改善方法は

いかがでしょうか?

改善方法案

1.ウォーキング

    ウォーキングをする人が最近増えてきてますが、しっかりと腕を降って

 1日10分間からマイペースで歩く。場合によっては、30分程度の

 ウォーキングもいいと思います

2.入浴

    入浴をしながら肩甲骨を動かすなどのストレッチをする。半身浴ではなくしっかりと
 首までつかること。冷え性の人が一番やってはいけない事が、ぬるま湯での半身浴
  なのでご注意を
  最近は、水素風呂の入浴が効果的と話題にもなっているので、機会があったら
   試してみるのもいいかと思います。

  ⇒冷え性の改善にオススメな水素風呂!その理由とは?

冷え性のタイプ別改善方法は?

冷え性のタイプにおいて、改善方法を挙げてみましょう。

1.四肢末端型冷え性

 四肢末端型冷え性の原因は、上手く熱を作れない、上手く運べない事にあります。

 熱を作れないのは食事量が少ない点にあります。これストロールが少なく

 しっかりとしたタンパク質を豊富に取るのが

 大切と言えます。そして、熱を逃がさないように体幹部をしっかりと

 保温する事だそうです。

 また、熱を作れないのは運動不足が原因でもありますから、簡単なウォーキングや

 家庭できるちょっとしたストレッチなどするといいと思います。

2.内蔵型冷え性

 内蔵型冷え性の原因は、熱を逃がし過ぎが原因になります。汗が掻きやすくなって、

 熱が逃げて体温が冷えてしまうようになってしまいます。なので、

 熱を逃がさないような適度な汗をかける

 しっかりとした服装をするのが大切であると言えます。

 また、軽く運動をするのもいいかと思います。

3.下半身型冷え性

   下半身型冷え性は、下半身に熱を運べていないのが原因です。

 また、加齢も原因の一つと言われています。

 加齢などによって動脈硬化など進んでしまうと下半身の血管が広がりにくくなり、

 血流が滞ってしまいます。

 下半身型冷え性を解消するには、ウォーキングなどが冷え性の改善になると言えます。

 また動脈硬化も心配ですから、水や水素水を飲んで普段から

 予防しておくといいかもしれないですね。

 以上、ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 96現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: