健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯が出来る原因と子供にも出来る簡単な予防とは?

スポンサードリンク

久々に歯医者に行ってきました。

奥歯の上下の詰め物が取れてしまったんですよね。

歯医者の機械の音って、何年たっても嫌ですよね。

虫歯の予防など調べてみました。

虫歯になる原因とは?

虫歯になるから、朝昼晩と食後に歯磨きしなさいとよく親に言われてました。

歯磨きしないと、虫さんが歯をやってきて、虫歯になっちゃうよなんて

言われてました。

最近は、昼食後に虫歯や口臭予防に歯磨きをする人が増えてきましたね。

歯磨きをしたからって、必ずしも虫歯にならないとは限りませんね。

虫歯にかかってしまう人は、かかってしまいます。

では、虫歯になる原因は何なんでしょうか?

虫歯になる原因には、虫歯菌が関係するようですね。

虫歯菌は、歯の表面にあるバイオフィルムの膜に感染するそうです。

このバイオフィルムの中で、飲み食いした食物から酸が出て、その酸に

よって、歯が溶かされ続けると虫歯になるという事だそうです。

ここでも、酸が出てきましたが酸化と関係あるんでしょうか?

口の中で唾液がこの酸を中和して、歯を修復して虫歯にならないよに

守っているそうですが、この中和が出来なくなってしまうと、虫歯に

つながっていくそうです。

唾液って、意外な役割をしているんですね。

虫歯になりやすい人は?

虫歯って、なりやすい人とそうでない人って、いるんですよね。

毎日しっかりと朝昼晩磨いているのに・・・虫歯になっちゃった

なんて事はよくあります。

虫歯になりやすい人は、どのような人なんでしょうか?

  1. 歯磨きが下手で虫歯が出来る人
  2. 間食や甘い物が多くて虫歯が出来る人
  3. 歯の質が弱くて虫歯が出来る人
  4. 虫歯菌が多くて虫歯が出来る人
  5. 唾液の量が少なくて虫歯が出来る人
  6. 唾液の力が弱くて虫歯が出来る人
  7. 詰め物の隙間から虫歯が出来る人

以上、7パターンのどれかに当てはまる人が虫歯になりやすいと

言われています。

どれも唾液が口内にある酸をいかにして、中和出来るかによって

虫歯になったりならなかったりするようです。

そして、虫歯になりやすいのは歯磨きのやり方も関係するようですね。

歯と歯の間に詰まった食べ物を取り除くのは至難の技でもあります。

そういった部分は、歯間ブラシなど使って磨くのが懸命ですね。

子供でも手軽に出来る虫歯予防とは?

虫歯になるという事は、口内に酸が溶けて虫歯になる要因が

あるのはお伝えしました。 酸化するという事は、身体が錆びるのと

原因があるのではないでしょうか?

調べてみますとやはり、悪玉活性酸素が増えるという事は、口臭や

虫歯に大きく関係しているようです。

悪玉活性酸素が増えると、虫歯やドライマウスといった病気に

なりやすくなるそうです。

という事は、悪玉活性酸素をいかにして除去出来れば、いくらか

改善する事が可能になていくのではないでしょうか?

悪玉活性酸素を除去するには、一番効果的なのは水素水ですよね。

この水素水をいかにして飲むかで、虫歯予防にもなるのではないでしょうか?

ただ水素水を飲むだけですから、子供でも手軽に出来ますね。

食事中の飲み物を水素水に変えてみたり、食後に軽く飲んでみたりと

いいですね。

水素水を飲む事と歯磨きをする事によって、かなりの虫歯予防に

なると思います。

また、スポーツをしている時や寝ている間は、唾液の量が少なくなるそうなので

酸が中和されにくくなるそうです。

なので、就寝前やスポーツ中に水素水を飲むのも効果的ですね。

ちょっとした事で、予防にもなりますので取り組んでみてはいかはでしょうか?

お読みいただきまして、ありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 133現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: