健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口臭の原因は口だけでなく体内にあった!発生のしくみと予防方法

スポンサードリンク

こんにちは♪

口臭って自分でちゃんとケアしていても気になってしまいますよね。

毎日歯磨きもしてるし、モンダミンなどでうがいとかもしてるのに・・

口臭の発生する原因はいろいろあるのかと思い、調べてみました。

口臭が発生するのは体内から?

口臭が発生する原因や種類は、前述しましたが、外的要因や病的要因などが

あります。 臭いの強い物を食べた後は、かなり臭いが気になったりしますよね。

しっかりと毎日三食の後には、歯を磨いているから大丈夫と安心してしまいます。

でも、しっかりとケアをしているにも関わらず口臭って他人からどのように

思われているのか気になったりしませんか?

最近は多くの女性が、そのように思ったりする方が増えているようです。

ゲップがお腹の底から出るような、あの感じと口臭が繋がっているように

思ったりもします。

体外の人は、口臭は口内から発生するものと勘違いしていると思いがちです。

しかし、口臭は口内の他に体内から臭いが沸き上がってくる場合があります。

その口臭の原因は、体内に原因がある為に起こっているものだそうです。

⇒口臭の種類と発生原因は?

口臭の原因が体内にある場合は、腸内口臭か?

体内が元で口臭が発生する場合の原因としては、『胃』『肝臓』『大腸』などが

発生元であると言われています。

これらの内蔵が原因をなって、口臭がキツくなっているそうです。

内蔵に原因があるかどうかマスクなどをして一度簡単なチェックを

してみるとわかります。

マスクなどをしてみて、自分の口臭を一度嗅いでみるとわかるそうです。

その時には、オナラの便のような臭いがする場合、腸内の環境悪化が

原因で発生した可能性が高いそうです。

その口臭は、腸内口臭と呼ばれています。

腸内環境が悪化する原因は?

腸内が悪化する原因には、腸内の汚れが考えられるそうです。

なぜ汚れるかというと善玉菌と悪玉菌のバランスが関係しているそうです。

腸内で善玉菌より悪玉菌の方が多くなると、アンモニアなどの強烈なガスを

発生し、悪臭を放つそうです。

腸と肝臓の循環が正常に行われている間は、このような現象は起こらないそうです。

肝臓の機能が低下してしまうと排泄されない物質の悪臭が血液の中を通って

体中を巡って、口臭や体臭につながっていくそうです。

内蔵関係が原因で気になる口臭が発生する場合としては、

  • 胃が原因
  • 肝臓が原因
  • 便秘が原因

が挙げられます。

腸内口臭になりやすい人とは? 

では、どのような人が腸内口臭になりやすいのでしょうか?

便秘がちな人は、体内に腐敗物質を常に溜め込んだ状態ですので、

いづれ悪臭を放つ要因になっていきます。

また、ダイエットや水分不足などの場合も女性は男性より

便秘がちになりやすいので気を付けた方がいいですね。

また、肉や乳製品などは脂肪分が多いので、悪玉菌を増やす傾向があります。

ストレスも腸内に消化を鈍らせる傾向がありますので、自分なりの

ストレス解消法を持っておくのがいいですね。

腸内口臭を予防するには?

このような腸内口臭を予防するなり、改善する方法はどのようなものが

あるのでしょうか?

善玉菌と悪玉菌のバランスが悪く、悪玉菌が多くなっているので、

いかにして悪玉菌を減らすか?または善玉菌を増やすか?になります。

善玉菌を増やすと増えた善玉菌が悪玉菌の増殖を抑制する効果が

あるので、効果的です。

善玉菌を増やす食物には、ヨーグルトがいいと思いがちですが、

実は食べ過ぎると悪玉菌を増やす傾向があるので、過度の食べ過ぎには

注意が必要です。

腸内完勝を整えるには、和食がオススメだそうですが、米の代わりに

玄米や白米に、おかずには納豆や漬け物、みそ汁がいいそうです。

食物を変えるだけで、簡単に腸内の整える事が出来るそうです。

腸内からの口臭を改善するのは、食生活を見直す事で簡単に

改善する事が出来るようですね。

日頃の生活で簡単に出来るので、やってみるのもいいかもしれませんね。

 

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 85現在の記事:
  • 50286総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: