健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒を飲む前に牛乳より水素水が効果的な理由とは?

スポンサードリンク

忘年会シーズンにもなるとお酒も飲む機会が増えてきますよね。

飲み会続きになると、二日酔いになった時は、ちょっと不快になってしまいますが

禁酒がなかなか出来ないんですよね。

そんな方への二日酔い対策をご紹介しましょう。

人はなぜ二日酔いになるのか?

二日酔い・・嫌な響きですよね。酒続きともなると胃もたれもあったり、二日酔いで

仕事しなければならないとかで不快になる時ってありますよね。

お酒を飲む人は、ほとんどの人が経験しているのではないでしょうか?

私自身も記憶をなくしたりとか、無茶ぶりの飲酒で翌日の仕事で一日不快になったりと

苦労したりもしました。

人は何故二日酔いになったりするのでしょうか?

飲食した場合、お酒に限らず飲食した物は、胃腸で消化・吸収されたりして血液で

体中をめぐって、肝臓に運ばれます。

アルコールの場合は、胃で20%吸収され、残りの80%が小腸で吸収されます。

吸収されたアルコールが血液を巡って、大脳に達します。このアルコールが

脳に達した時に、脳内で中枢神経を麻痺させる状態が、『酔う』という事になります。

この脳神経の動きが鈍る事によって、足下がふらつく感じになります。

そして、アルコールは適量を飲むのは健康にもいいと言われる事もありますが、

限度を越えて飲み過ぎてしまうと、分解しきれないアルコールが身体に起こす症状

二日酔いといい、頭痛や吐き気の原因となる物質が”アセトアルデヒド”という

物質だそうです。

二日酔い防止の牛乳の効果は?

冬場は忘年会シーズンもあったりして、お酒を飲む機会が増えるかと思います。

スケジュール的、忘年会が連続で毎晩お酒を飲むケースの方も多くなってきますね。

毎晩連続でお酒を飲んでいると、どうしても身体が受け付けなくなったり、

飲み疲れにもなります。また、二日酔いにもなるのを避けたくなるので、二日酔いに

ならないように、あれやこれやと予防を施す方も多く見受けます。

その二日酔い予防の一つの策として、

『飲み会の前には牛乳を飲んでいけば二日酔いにならない』と言われているそうです。

果たしてその真相はどうなのか?いろいろ探ってみました。

その真相は、どうやら偽りのようであるみたいです。 

一種の迷信になっているんでしょうね。

お酒を飲む前に牛乳を飲むと胃に膜が貼られてアルコールの吸収を防ぐ

と、これが口コミで拡散されたんでしょうね。

しかしながら、調べてみますとどうやら間違いのようですね。

牛乳はタンパク質なので、胃酸で凝固してしまって、一瞬のうちに

膜を貼らなくなってしまうそうなんです。

また、アルコールの分子は牛乳の分子より小さいので、仮に膜を

はったとしても隙間を通過して体内に吸収されてしまうそうです。

なので、お酒を飲む前に牛乳を飲んだからといって悪酔いしない

とはいいきれないようですね。

二日酔い予防に水素水が効果的な理由とは?

では、二日酔予防には何が一番いいのでしょうか?

アルコールには、利尿作業がありますよね。ビールでもなんでもお酒を飲むと

トイレが近くなったりします。この利尿作用によって、アルコールを体外に排出

するのですが、この時にアルコールを分解するわけですがその分解には、多くの

水が必要になってくるわけです。

また、肝臓にはあらかじめ水素を含んでいて、肝細胞を防いだりアルコールの過剰

摂取で引き起こす脂肪肝を防いでくれます。

水素を取り入れる事によって、体内の代謝能力を高め素早アルコール分解をして

効果的に二日酔の防止が出来ます。

あくまでも適度なアルコールを摂取した場合ですが(笑)

何事も飲み過ぎず、適度なアルコール料の摂取が一番ですね。

効果的な飲み方としては、ウィスキーのように割って飲むのが一番ですが

帰宅後、寝る前に一杯飲んで寝るのがいいですね。

翌日の寝起きもスッキリ起きれますし、二日酔もOKですね

今回もお読みいただきましてありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 1276現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: