健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳の病気(脳梗塞)の前兆や症状などを解説!水素水の効能は?

スポンサードリンク

最近は、脳梗塞の病気が増加してきてますね。

日々の食生活などが原因で引き起こす事が多いですね。

最悪、死にまで至ってしまうので、気をつけないといけませんね

脳梗塞とは?

脳梗塞とは、塞がるという感じが意味しているように脳の動脈が詰まってしまい、

その結果、脳に酸素が送られない状態をいいます。

一瞬にして身体が麻痺してしまったりする大変恐ろしい病気ですね。

手や口など、様々な部位に障害をもたらします。

病気の重大度によっては、死にまで至らしめる病気でもありますね。

幸いに軽くすんでも後遺症があったり、再発するんじゃないかという恐怖も

残ったりしますね。

どんな病気にも発症する原因が必ずあるわけですから、しっかりと発症原因

などを調べて日々の生活での予防が大切になってきますね。

脳梗塞と脳卒中の違いとは?

よく倒れた時に、脳梗塞とか脳卒中とか病名が錯綜します。

脳卒中と脳梗塞の病名の違いって何なんでしょうか?またくも膜下出血は?との

違いは何なんでしょうか?

脳卒中

脳梗塞やくも膜下出血などの脳内の病気の総称の事です

脳卒中を引き起こす原因には、高血圧も絡んできますので、高い人は要注意ですね。

脳梗塞

いわゆる脳の血管が詰まって引き起こる病気の事になります。脳血栓も詰まった事で

起きる病気ですね。

くも膜下出血

この病気は、血管が破れた事で起こる病気です。脳出血と呼ばれる病気も

血管が破れてしまった病気ですね。

と違いは、脳内の血管が詰まるのかそれとも破れてしまうのかの違いに

あるようですね。

この2つの病名を引き起こすであろう危険因子は、脈硬です。

そして動脈硬化の原因となるものが、高血圧・糖尿病・高脂出症・喫煙です。

サラリーマンの方などは、毎年行われる健康診断などで数字をチェックしておく

のがいいですね。また、自営の方は近くの病院で定期的にチェックするのが

いいのではないでしょうか?

脳梗塞は、いきなり倒れる病気でもありますから日頃からのケアが大事になると

思います。

脳梗塞の前兆は?

脳梗塞は、何の前触れもなく突然やってくるという病気の印象が強かったです。

しかし、調べてみた所、脳梗塞になるのではないか?脳が怪しい?などの気になる

前兆があるようです。日常生活において頭痛が取れなかったりとかしたら、

心配になったりしますしね。

そして、脳梗塞の前兆ともなるチェックポイントは次の通りのようです
(あくまでも一例ですので、必ずしもこれとは言えませんが)

  • 片側に手足のしびれがある
  • 真っ直ぐ歩けない程のめまいがある。
  • 頭痛がする
  • 足がもつれる
  • お箸やぺんが落ちやすくなる
  • ものが二重に見えるようになる
  • ろれつが回らなくなる。

と行った症状があったら注意が必要ですね。

私の父親も糖尿から脳梗塞になってしまったのですが、脳梗塞になる前は

帰宅する事がなかなか出来ず、彷徨ったりしてしまいました。

家に帰ってきて、なんかおかしいな?と思いながら出かけてしまったのですが

そしたら、倒れてしまいました。その時は脳梗塞だったのですが、重度ではなく

軽い脳梗塞ですみましたが、片側の障害が残りました。

どの病気でも命にかかわると恐ろしい病気ですよね。

病気にならない為にも日頃からの健康管理が大事になってきますね。

脳梗塞の予防と水素水の効能

脳梗塞を引き起こす原因としては、生活習慣病とも言われていますよね

糖尿病、高血圧、高脂血症などの病気が重なって起こる病気ともいって

いいと思います。そしてそれらの病気によって、血液がドロドロになって

詰まりやすくなっったりするのもよくないと言われています。

なので日頃からの食生活の改善、運動不足の解消が必然であると同時に

血液をドロドロからサラサラに変えるのに、水が重要になってきます。

そして水で注目を浴びるのが話題の水素水とも言えます。

水素水は、悪玉活性酸素を助教しますので、水分補給をしながら血管内の

血栓を防いだり、血液をサラサラにすると言われています。

日常生活の中で、コップ一杯の水を定期的に飲むだけで怖い病気の予防

にもなるって、いいと思いませんか?

1日に必要な水分を補給するだけでいいので、手軽に出来ますね。

ちょっとした事での予防を実践するのが、病気にかからないコツでも

あるかもしれませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 114現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: