健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足のむくみが原因で引き起こす病気とその予防法

スポンサードリンク

こんばんは

最近、足のむくみがちょっと気になってたりします。

朝、靴下を履く時になんかくるぶしの辺りから足首にかけて、むくんでる?

と思ったりします。

むくみの事を調べてみると、いろいろな病気を引き起こすようです。

どんな病気があるのか?むくみの予防など調べてみました。

 足のむくみでおや?と思った時は・・

むくみは、浮腫といって病気のサインにもなっているそうですね。

むくみの発生・原因などについては、別で述べていますので、割愛しますが、

そのまま放置しておくと、いきなり病気になったりして困ったりしますせんか?

むくみだからといって、あながちあなどれないですね。

むくみの症状が長引いてたりする場合とか数日で急激な体重の増加あったりと

むくみでおや?と思ったら、医者にいって診断してもらうのがいいですね。

⇒朝の顔のむくみを取る簡単なやり方と原因を解説

むくみが引き起こす病名とは? 

むくみの症状たあまりに気にしないで、放置しておくととんでもない病名に

なる場合はありますから、早期診断をしてもらった方がいいと思います。

そして、むくみが引き起こす病名にはどんなものがあるでしょうか?

1.腎性浮腫

腎臓の異常によって生じるむくみです。腎臓の機能低下によって余分な水分や塩分が
しっかりと排出されず体内に溜まってしまったり、タンパク尿が大量に出てしまう事で
体内の水分バランスが調整出来なくなってむくみになってしまいます

2.心臓浮腫

心臓の機能が低下する事によって体内に水やナトリウムが溜まって生じるむくみです
心臓は全身の血行に関係するので、むくみは全身に及ぶ可能性があるそうです。

3.肝性浮腫

肝臓の機能低下によって起こりうるむくみをいいます。
肝性浮腫が症状として現れるには、肝硬変はあります。

4.内分泌性浮腫

代表的なものには、「甲状腺機能低下症」にともなって現れるむくみです。
甲状腺機能低下で起こるむくみは、指で押しても跡が残らずすぐに戻るといった
特徴があります。

5.栄養性障害性浮腫

極度に栄養がとれていない場合だったり、偏食などでビタミンB1が不足し
脚気みなっている状態の時に現れる事のあるむくみであるそうです。
この他にも静脈の流れがあるくなって起こる静脈性浮腫や妊娠中毒症浮腫、
リンパ節の腫れから引き起こすリンパ性浮腫があります。

むくみを予防するには?

むくみを解消するには、なんと言ってもウォーキングなどによる、運動する事によって、

血行の流れをよくし、むくみが解消されます。

運動すれば、筋力もつきますので、血の巡りがよくなるという好循環になると思います。

その他には、水素水がむくみを改善するとも言われています。

水素水の悪玉活性酸素の発生を抑える効果がありますから、活性酸素で弱まった

ミトコンドリアのエネルギー生産を高め、代謝をよくする効果もあります。

また、腎機能を改善する効果もあると言われていますし、腎臓が改善されれば、

排尿もよくなり、体内に溜まった水分なども外に排出されますので、

むくみが改善さえるそうです。

何もかも水素水で解決出来るわけではありません。症状によっては、早めに

医師の診断を受ける必要がある可能性もあります。

しかし、水素水でむくみが改善出来たら、手軽でいいですね。

むくみになる前から、定期的に水素水を飲んで予防に努めてみるのもいいですね。

お読みいただきまして、ありがとうございます。

 

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 76現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: