健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アナフィラキーショックの初期症状と治療法は?

スポンサードリンク

先日久々に、叶美香さんがアナフィラキシーショックで入院したと

報道されましたね。久々に叶さんの名前聞いたと思ったら・・・

一体、どんな病気なのでしょうか? 

 アナフィラキシーショックとは?

ちょっと言葉を噛みそうな言葉ですが、一体どのような病気なのでしょうか?

アナフィラキシーとは

じんましん・呼吸困難・下痢・低血圧などが起こり生命の危険をともなうもの。

発症後に、短時間で全身にアレルギー症状が出る反応で、時に生命の危険にまで

及ぶ可能性があるそうです。

一度発症すると急激に進行されてしまうそなので、知らなかったではすまない

場合もあるかもしれません。

身近にそのような人がいましたら、日頃から発症した時にどうするか?とか

チェックしておくのがいいですね。

 アナフィラキシーの原因は?

アナフィラキシーは何が原因となって発症してしまうのでしょうか?

アナフィラキシーは、アレルギーになる原因となるものを食べる・

吸う・触る・吸い込むなど身体の中に入った事によって、急激に反応してしまいます。

  • 皮膚症状
  • 消化器症状
  • 呼吸器症状

といた症状が同時に現れたりします。

今回、叶美香さんが入院したアナフィラキシーショックとは

「血圧が低下して意識が混濁し、脱力するようなショックに陥る場合」を言うそうです。

この病名には、早急な体操が必要であり、生命の危険にまで及ぶ可能性があります。

アナフィラキシーの症状は? 

アナフィラキシーが発症した時の症状は、様々ですが一番多いのは、じんましん

赤み・かゆみなどがあります。

アナフィラキシーの特徴としては、複数の臓器にわたって発症します。

アナフィラキシーの可能性がある症状は、次の症状がかみあって進行していくそうです。

・皮膚の症状

皮膚のかゆみ、皮膚が赤くなる、じんましん

・消化器の症状

腹痛・嘔吐

・粘膜の症状

目のかゆみ、まぶたのむくみ、唇・口・舌の腫れ

・呼吸器系の症状

くしゃみ・声のかすれ・息苦しさ・席・呼吸音我ぜいぜい・ひゅーひゅーする。

・ショック症状

蒼白・意識の混濁

といったものがあげられます。

 アナフィラキシーの治療法は?

アナフィラキシーショックの治療法などはあるのでしょうか?

アナフィラキシーを発症した場合で、危険性が高いと判断された場合は、

一時的な応急処置として、「エピヘン」が処方されます。これによって、

発症したアナフィラキシーの重症化の防止になります。

そして、アナフィラキシーの治療法はあるのか?でしょうか?

アナフィラキシーの治療法は、原因となるものを食べない・接触しない

が基本になってるそうです。

今は、減感作療法というものがあるそうです。新たな治療の試みのようですね。

この治療法は、アレルギーの原因物質を少量体内に入れる事で、身体を慣らし

アレルゲンに対する感じやすさを減らす治療法のようです。

アナフィラキシーを発症してしまった場合は、早急に救急車などを読んで

早期に医師の診察を受けれるように心がけないと駄目ですね。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 554現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: