健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コレステロールとは?基準値より高いときに自分で下げる方法とは?

スポンサードリンク

健康診断の結果でよく聞く数値の一つに、コレステロールがありますよね。

数値が高いとヤバいとか糖尿病に関係あるとか・・

結果を見て数値が高いとビビったりするのですが、コレステロールってのは

一体どのようなものなのでしょうか?

コレステロールとは?

コレステロールとは、人間が生きていくに必要な細胞膜を生成する必要な要素

って事なしく、「脂質」の一種であるという事です。

「脂質」って、カロリーを構成する要素の一種でありましたよね。

健康診断の時に注目される数値でもあり、メディアでもよく取り上げられてますよね。

その中で、コレステロール=悪という印象が強くなって、数値が高ければ高い程、

身体に悪影響を及ぼすと思われています。

しかしながら、コレステロールは身体全体に存在しており、人間が生きていく上で

必要で大変重要な部分を担っているみたいですね。

コレステロールの種類や役割などについて、調べてみました。

コレステロールの役割とは? 

人間が生きていく上で必要なコレステロールですが、体内ではどのような役割を

しているのでしょうか?

役割としては、細胞を包む細胞膜の原料になったり、ビタミンDの合成に使われたり

心身の活力を高める副腎皮質ホルモンや、脂肪の消化を助ける胆汁酸の

材料にもなっていたりするそうです。

こうやってみると、非常に重要な物質であると言えますね。

 コレステロールの善玉と悪玉って?

コレステロールを調べていくとよく、善玉コレステロールと悪玉コレステロールを

耳にしますね。この悪玉と善玉って何が違うのでしょうか?

悪玉という言葉のイメージで、身体に悪いものじゃないかと思ったりしますよね。

しかしながら、どちらもコレステロールに取っては、非常に重要なものであり

悪玉だから悪いとかそういうものではなさそうです。

この両者の違いですが、血液の中で、コレステロールの運ばれ方が違うという

点だそうです。

・善玉コレステロール(HDL)

内部に少ないリポタンバク。各組織で余ったコレステロールを取り込み肝臓に
運んでいきます。このHDLが減ってしまうと余分なコレステロールが回収
されなくなって、血管や組織に溜まってしまうそうです。

・悪玉コテステロール(LDL)

コレステロールが豊富なリポタンバク。組織にコレステロールを運びます
LDLが増えると余ったコレステロールが組織に溜まって、動脈硬化などを
引き起こします。

と、善玉と悪玉には違いがありますが、どちらも体内には必要不可欠な物質で

あると言えますね。

よく動脈硬化を引き起こすのは、コレステロールが原因といいますが、この

原因の元となるのが、食生活によって摂取されるコレステロール量が過剰に

なったりして、正常に運ばれなくなったりとバランスが崩れてしまい、病気を

引き起こす原因となっているようです。

身体に悪いというのは、高カロリーの物とかを食べ過ぎたりして、余分な

コレステロールを作り出してしまう部分にあるそうですね。

 コレステロールの基準値は?

よく健康診断でこれストロールの数値が高いと、高脂血症と言われたりして、

動脈硬化を引き起こす確率が高くなると言われたりしてました。

そういった時には、コレステロール値を下げる努力をしなければならないのですが、

その基準値とはどれくらいなんでしょうか?

その値とは、

LDL(悪玉コレステロール値) 140mg/dl以上

HDL(善玉コレステロール値)  40mg/dl未満

が目安となっています。この数値を基準にして、当てはまらない場合は気をつけないと

いけませんね。

最近では、動脈硬化が進んでいるかどうかの目安を測るのに、LDH比というものが

注目されているそうです。

これは、LDL÷HDLで求められますが、計算した結果 2.0以下は正常であり、

2.0以上だと動脈硬化のリスクが高くなり、2.5以上で心筋梗塞のリスク

高まると言われています。

健診後の結果が判ったら、計算してみるといいですね。

コテステロールの値を下げる方法 

コレステロールが高かった場合は、数値を下げる必要がありますが、どのような方法が

ありますでしょうか? 極力、薬などに頼らず下げたいですよね。

コレステロールは、肝機能が正常に動いてくれる事が大事ですから、肝臓に対しして

過度な飲酒は避けるといったような制限をしないと行けなくなる場合もありますね。

コレステロールを下げる方法としては、

  • コレステロールを下げる食材を取る
  • コレステロールの吸収を抑制する食品を摂取するようにする。
  • コレステロールの処理能力を上げるためにも肝機能をアップさせる食品を取る。
  • 運動をして、中性脂肪を減らしてLDLを下げる
  • コレステロールを下げるサプリメントなどを飲用する

といった点があげられます。

また、最近では水素水を飲用すると悪玉活性酸素を体外に排出する事から、

LDLコレステロールを酸化させて、変性LDLに変化する作用を

抑制すると言われています。

また、血液をドロドロ状態からサラサラ状態に変えてくれますので、

血流が詰まるといった事を抑制してくれますので、個人差があるものの効果が

ある方もいるかもしれないですね。

正しい数値を把握して、数値が危なくなったらいつでもコントロール

出来るようにしておくといいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 1456現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: