健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年冬の風邪の初期症状と対策!発症した時の治し方

スポンサードリンク

もう師走になってしまいましたね。

最近は、1年経つのが早くなってきています。

この時期になってくると気をつけないといけないのが風邪ですね。

2015年の風邪の症状などはどうなのでしょうか?

2015年の冬の風邪の症状は? 

毎年この季節になってくると気をつけないといけないのが、風邪ですね。

毎年、風邪の症状などが違うようですが、2015年の風邪の症状は

どのような感じになっているのでしょうか?

大人の風邪の原因のほとんどが、ライノウィルスが原因と言われています。

ライノウィルスは、簡単に感染をするそうです。 鼻の中で風邪の症状を引き起こし

その人が咳やくしゃみをした事によって、菌が飛散し他の人へと感染していきます。

この菌は、潜伏期間として1〜3日間あります。

症状としては、頭痛・のどの痛み・鼻つまり・くしゃみなどがあります。

そして、2015年の冬の風邪の特徴は、喉が中心で咳も出るみたいですね

風邪を引いたと感じたならば、マスクなどをして他人に感染しないようにするのが

大事ですね。

と同時に、毎年恒例ですが、インフルエンザも流行になりつつあるようです。

風邪は、万病のもととも言われてますから、過信せずに体調がおかしいと思ったら

早めに医者の診断を受けるのがいいですね。

 風邪を引かない為の対策は?

風邪を引かないようにする為には、日頃からの対策も必要ですね。

最近は、外出の時にマスクをする方も増えていますが、気になるのであれば

マスクをしての外出で他人からの感染を防ぐのも大事だと思います。

そして、一番の感染予防としては、外出して帰宅した時に必ず手荒い・うがいの励行

何気ない事ですが、一番大事な事ではないでしょうか?

また、風邪の予防対策としては、次の点も上げられます。

  • 緑黄色野菜、果物、豚肉などを食べる
  • 体温(基礎代謝)を上げる、汗をかく
  • 飲んでいる水などを気をつけて免疫力を付ける
  • 栄養のバランスを気をつける。
  • 睡眠は必ず8時間取るようにする。

といった点です。食生活については、ビタミンなどを摂取する事によって

風邪にかかりにくい体質にするという事です。

炭水化物、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく取るのが大切ですね。

そして、風邪の予防には、こんな予防法もあります。

⇒水素水で作った緑茶は風邪の予防に効果的なのか?

風邪を引いた時の治し方は? 

風邪の予防に注意していても、風邪を引いてしまう場合もあります。

その時の治し方はどのようなに気をつければいいでしょうか?

・水分を確保する。

熱が出て汗をかいたり嘔吐したり下痢があると身体から水分が失われてしまいます。

薄めの緑茶やスープなどで水分を補給するのがいいですね。

・エネルギーを補給する。

熱がある時は、食欲が低下しますので十分に食べる事が出来なくなり

発熱でエネルギーを消耗してしまいます。なので、効率よくエネルギーを

取るのが大切です。おかゆに梅干しなど、さっぱりしたもので補給するのが

よいと思います。

・栄養素の不足に注意する。

身体の回復のためにも、たんぱく質・ミネラル・ビタミン類は大切です。

症状が軽くなってきたら、少しずつジュースやおかゆ、ポタージュなどで

補うのがいいでしょう。

と簡単でご紹介しましたが、風邪を引いた時には、しっかりと失った分を

補うのが大事ですね。

後は、しっかりと暖かくして寝るのがいいのではないでしょうか?

2015年冬の風邪も流行しつつありますので、しっかりとした予防対策をして

風邪を引かないように乗り切っていきましょう。

お読みいただきましてありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 1188現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 7昨日の訪問者数: