健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水虫の初期症状と原因は?爪水虫が治った効果的な方法とは?

スポンサードリンク

指の間が痒くてたまんない! と不快に思った事とかありませんか?

革靴とか履いたりしてると靴下の中が汗ばんだりして、水虫が不快に

なりますよね。

水虫の症状や予防などについて、調べてみました。

水虫の初期症状と原因は?

足が痒くなって不快に思った事とかありませんか? それ水虫じゃん?と

言われても絶対水虫じゃないと思うのですが、実は水虫だったりします。

最近は、女性の方も水虫になる人が多いようですね。

冬の時期は、ロングブーツを履く人も多いですし、水虫に悩まされる方も

多いのではないでしょうか?

水虫とは?

水虫とは、白癬菌というカビの一種が皮膚の角質に寄生する事で起こる病気です。

白癬菌が住みついたからといって、すぐに発症するわけではないようです。

白癬菌は、高温多湿を好みます。長い時間同じ靴や靴下を履いたりして汗を

書いたり、汚れたマットレスなどの上を裸足で歩く事によって、水虫が

出来やすい環境が出来上がって、水虫が発症します。

指の間とかが痒いだけでなく、足の裏の皮が剥けたり、白くなったりします。

初期症状

水虫が発症した時の初期症状としては、痒みですね。むずかゆいというか

我慢出来なくなったりします。この痒みが進むと水ぶくれや皮がむけます。

特に、痒くなって書いていると、水ぶくれのような感じになって皮が剥けます。

その皮を思いっきり剥くと悲惨な状況になりますから極力控えたほうがいいと

思います。

水虫を完治させるには?

水虫は、完治出来る病気でもあります。初期症状に気がついたら早めの

対策をするのがいいと思います。そこを怠ってしまうと完治までに

ちょっとした時間がかかってしまうと思います。

皮膚科などにいって、塗り薬を貰うなどして対処するようになります。

水虫を完治させる為には、

・医者と自宅で並行治療をする。

水虫は、そのままにしておいても特に害はないかと思いますが、

水虫を長引かせる原因にもなります。気になったのであれば、

放置せずに、定期的に皮膚科に通って塗り薬をもらって

しっかりと塗るのがベストですね。

また、医者から飲み薬を貰う場合もありますが、医師の指示に

従うのが最善であると言えます。

・綺麗な環境を作る

水虫は、汚い所や高温多湿な部分が大好きです。

なので、清潔な環境を心がけるのが一番ですね。

革靴に限らず靴を出来るだけ、毎日違ったものがはけるのが

ベストではないでしょうか?

また、お風呂に入った時には、しっかりと足の裏を洗って、

寝る前には医者からもらった塗り薬をしっかりと塗ってださい。

目に見えないほど小さな虫ですが、しっかりと予防すれば

完治も出来るかと思います。

ちょっとした事の積み重ねが、完治への近道であると思います。

水虫に水素風呂が効果的?

最近、話題になっている水素ですが、この水素を使ったお風呂に入った事で

爪水虫が完治した方もいるようです。

期間にして、2ヶ月弱 水素風呂に入る事によって、爪水虫が完治したそうです。

水素水は、身体の代謝があがったり、人間野中にある活性酸素を外に排出する事で

人間の身体に役立っている物質であると思っています。

水素風呂に入った事によって、皮膚の免疫力が増して、完治に繋がったと思います。

個人差があるとはいえ、少なくとも人間の身体にはいい水であると言えますね。

そして、水素風呂については、水素を発生させる入浴剤をお風呂に入れるだkで

数分で水素風呂が出来上がります。

水素を発生しはじめたら、約8時間近く水素を発生させます。

さすがにそんなに長くお風呂に入っているわけにはいきませんので、

入浴後は、その入浴剤をお風呂のおけに入れて部屋で置く事によって、

加湿器などの役割も出来るようになります。

部屋中に、水素が充満して空気もよくなるのではないでしょうか?

そして、この入浴剤を使う事によって、水素風呂が自宅でも手軽に

出来てしまうのですが、費用として1日約400円程度ですから

お得とも言えます。

数ヶ月前に、「ナイナイアンサー」で伊藤羽仁衣が女子力アップの

為に、水素風呂に入ってる事を言ってましたね。・

⇒水素風呂を自宅で楽しむ入浴剤の効果とオススメ厳選!

水虫を完治するかもしれないだけでなく、アンチエイジングの効果も

あるので、水素風呂はオススメです♪

機会があったら、自宅でやってみてはどうでしょうか?

お読みいただきましてありがとうございました。

 

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 481現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: