健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水素水ってなに?その製品種類と効能を解説

スポンサードリンク

最近、美容や健康の面で話題のある水素水

水というだけあって、無色透明なのでどんなものなのか?

あまり気にした事はなかったと思います。

水素水の事や効能などについて、調べてみました。

無色透明の水素水とは?

水素水とは、水素を多く含んでいる水です。 水の中に水素?と思ってしまいますが、他の水とあまり変わりないですね。

中学生の頃、理科の授業で化学式を習いましたが、あの水素です。

化学式では、水素がHの記号で表現されました。

水は、水素+酸素で出来ていると習い、その化学式は、H2+O = H2O 

つまり、水素分子2個と酸素分子1個で構成されていると習いました。

水素水は、その酸素量より多く含まれているのか・・

と単純に考えてしまいましたが、どうやらそのようですね。

通常の水に水素は含まれているのですが、水素水はその水より多くの水素を含んでいる水と言っていいでしょう。

水素が水の中にどれくらい含んでいるかを測る目安としては、ppmという単位が使われています。

このppmの値によって水素含有率を表現しています。この値の基準によって、

水素水であると定義されるようです。

その値の目安は、「0.008ppm以上の水素を含んだ物=水素水」と定義しています。

これを決めたのは、分子状水素医学シンポジウムです。

水素水の製品種類とは?

いろいろと話題となっている水素水ですが、調べてみると水素水には、いくつかの種類があるようですね。

実際に水素水を飲んでみたいとするならば、水素水商品を購入するわけですが、この製品にいくつかのタイプがあるようです。

その製品種類のタイプとしては、

  • アルミパウチやアルミ缶に入った製品
  • スティックになっていて自分で水素水を作る製品
  • 水素水サーバーで生成する製品
  • カプセルタイプの製品

の3タイプの製品があります。

水のサーバーは、よく電気屋の前でお試し兼ねて紹介してますが、水素水のは見かけないですね。まだ、企業向けの製品なのかもしれませんが、今後調べていこうと思います。よくヨガの店舗においてはサーバータイプの水素水が設置されてますね。

簡単にそれぞれの製品を紹介してみますと、

・アルミパウチやアルミ缶に入った製品

このタイプの商品が一番種類が多いみたいですね。価格も100円から
500円代までの範囲であるみたいですね。ちょっと飲んでみたいとい方には、
お薦めと言えそうですね。

・スティックで水素水を作る製品
こちらの製品は、スティック状のものを水道水に入れるだけで水素水になるという
製品であります。どこでも気軽に水素水を作れる点からメリットはあるのですが、
生成された水素水に水素水を含む量にバラ付きがあるデメリットがあります。

・水素水生成器で出来る製品
こちらの製品は、電気分解タイプと電気分解タイプ2とあります。生成方法の違いのうようですね。
電気分解タイプ2は、もち運びが自由みたいですね。

・カプセルタイプの製品
こちらの製品は、よくカプセルの薬と同じカプセルに水素水の効能が収まっている製品と言えます。
カプセルを飲むだけで、水素水を飲んだと同じような感じになりますので、お水を飲むのが苦手な方にはお薦めであると言えます。

水素水の効能とは?

ここ最近、水素水が注目を浴び人気商品になったのは、その効果効能によるものと言えるそうです。

その効果効能において、注目されたキーワードとして、「活性酸素」があります。

活性酸素は、人体の身体に悪影響を及ぼす可能性があるようです。

活性酸素は、酸化力が非常に強く、多過ぎると遺伝子を傷つけ老化を促進させるという悪影響を及ぼす可能性があるそうです。

水素水は、この「活性酸素」を水に変えて人体から排出するという効果があります。

活性酸素の全てが悪いのではなく、悪玉活性酸素のみが悪いそうです。

活性酸素が発生するのは、

  • ストレスを感じた時
  • アルコールを飲んだ時
  • 紫外線を浴びた時
  • 電磁波を浴びた時
  • レントゲンなどで放射能を浴びた時
  • 自動車などの排気ガスを吸った時

と、気がつかないで活性酸素が勝手に人体に溜まってしまっているんですね。

便利な世の中でありますが、こういった弊害も出てきていると非常に怖いですね。

そういった悪玉活性酸素を水素水を摂取するだけで、体外に排出されるのは非常に心強いですね。

この活性酸素によって、多くの病気の原因にもなっていると考えられますから極力人体に溜めておきたくないです。

水素水は、非常に心強い味方であるように思います。

ここまで、お読み頂きましてありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 79現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: