健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌を保つために多くの女性が間違ってやってしまう3つの誤り

スポンサードリンク

こんばんは♪

多くの女性が美肌を保とうとして、化粧水を使ったりするかと思います。

しかし、化粧水の使い方に間違った誤りがあったりするそうです。

どんな事なんでしょうか?

美肌の基本は正しいスキンケア

肌の乾燥などを防ぐためには、お肌のお手入れが大事だと思います。

常にお肌を清潔に潤っていたいと思ったり、化粧を落とした後のケアとか

大事ですよね。

また、化粧品などをいろいろ使い分けていたりする方も多いと思うのですが、

実はそんなに化粧品を使い分ける必要はないそうなんです。

大切な事は、皮膚を清潔に保って、保湿して紫外線などから肌を守る事。

毎日使うクレンジング料・洗顔料・化粧水・乳液やクリームがあれば十分であります。

自分の肌にあったものを選ぶ事が重要ですね。

美肌=化粧水は、間違い?

女性の多くがお肌手入れの為に化粧水を使いますよね。化粧水への信頼度や依存度は

非常に強いと思います。最近ツヤがなくなってきたとか感じるといつもより多く

化粧水を使ったりとかするのではないでしょうか?

「美肌」=「化粧水」と思う方も多いと思いますが、実は化粧水がなくても

大丈夫だそうです。

花粉症で肌が荒れてしまった時、日焼けで肌がヒリヒリしている時など、

いつでもなんでも化粧水を付ける人が多いですが、それはちょっとした

間違いのようです。

化粧水の間違いとして、3点程上げてみますと

1.化粧水をたっぷりつける

 化粧水を何度も重ねつけするのは、実は誤り。肌表面の角質には、20〜30%の
   水分を含んでいて、化粧水を付けるとこの水分と混じって時間が経つと蒸発して
 しまうそうです。その時に水分を奪ってしまうから潤いがなくなってしまいますね

2.化粧水をコットンでつける

 コットンの方が吸収してしまうそうです。コットンはぬれると硬くなるのに
   対して、手でつける方が弾力があって、手の方が肌に負担をかけないので良い

3.洗顔後にすぐに化粧水をつける

 洗顔後に肌がうるおっているように見えますが、実は水道水で多少ふやけて
   いるだけで、本当の潤いではないそうです。水道水でふやけた時に化粧水をつければ
  一時的に水分量は上がるけどセラミドなどの潤いをキープする成分が十分になければ
  その水分が蒸発してしまいます  

  といった点があります。 今迄自分では当然と思っていた事が実は、

  間違いだったなんて事もありそうですね。

スキンケアの間違った3つの誤り

女性にとって大事なお肌のお手入れですけど、実は間違った誤りなどありますが、

実は意外な所に落とし穴とかがあったりします。

その間違いが、次の点になります。

1.丁寧にクレンジングをする

 化粧をする時に、ファンデーションやアイライナーが残っていたら肌に悪いからと
  いって徹底的にクレンジングをしていないでしょうか?この行為が肌荒れに繋がる
  そうです。丁寧に洗うと肌に必要な皮脂を洗い流してしまったり、角質まではがして
  しまう事があるそうです。クレンジングの時間は、1分間程度が理想です。

2.毛穴の黒ずみは汚れだと思っている

 きちんと洗顔しているんだけど、毛穴の黒すみが消えない!なんて思った事は
  ありませんか?角栓を集中的にケアしてもなかなか効果が現れなかった場合は、
  毛穴に出来たシミである可能性が高いそうです。
  まずは、自分の毛穴の黒ずみが黒ずみなのか?シミなのか?判断が大切になります。

3.乳液やクリームをたっぷり塗る

 肌の水分を逃げないようにと乳液やクリームをたっぷりと付ける人が多いと
  思います。しかし、油分をつけすぎると酸化して、肌の老化につながっていきます。
  毛穴につまればニキビなどの原因にもなってしまいます。
  乳液やクリームを塗る場合は、適量を塗るのが大事ですね。

と3つの誤りを上げてみました。今迄よかれてと思って行ってた手入れ方法が

実は間違いだと言われるとショックではありますが、早いうちから間違いを

ただして、正しいやり方でのケアが大事ですね。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 68現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: