健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘年会のシーズンに胃もたれなど胃痛をもたらす原因とは?

スポンサードリンク

12月のこの季節ともなると、忘年会シーズンで忙しい方も

多いのではないでしょうか?

忘年会続きになったりするとどうしても胃もたれや胃痛などで

胃の不調を訴える人も多いかと思います。

その胃の不調って何なんでしょうか?

忘年会などで胃の不調を訴える原因とは?

12月ともなると忘年会シーズン真っ盛りですよね。

昔は、営業職の人なんかは、接待などで連日忘年会と言う方も多かったように

思います。(今でもそうかもしれませんね)

毎晩毎日、お酒や飲食などで胃を使うので胃が疲れたなんて事も

あったのではないでしょうか?

そして、忘年会の翌日などは、胃が痛いとか胃の不調を訴える事もあったと

思います。胃の不調を訴える人で健康診断を受けた人の中の約20%の人が

機能性ディスペプシア」と診断されたとの事

一昔前は、胃下垂や慢性腎炎と呼ばれて、胃の痛みや、胃もたれ、

胃の不快感など続きました。

この病名は一体どのような病名なのでしょうか?

機能性ディスペプシアとは? 

機能性ディスペプシアとは、胃の不調を訴えた患者さんが検査を受けた時に、

採血や画像診断、内視鏡検査などを受けても異常が見られない現象をいいます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんといった生命をおびやかす病名ではありませんが、

つらい症状が続いてしまいますね。

異常が見られないので、客観的に完治したかどうかはっきりと判らないので、

患者さんに不安を残してしまう可能性がありますね。

改善されない患者さんの中には、適切な治療を受けているかどうか?をチェックして

みるといいかもしれませんね。

この病名と言われた時には、胃カメラの検査を受けているか?チェックした方が

いいそうです。

胃の不調が長く続く場合は、胃潰瘍・胃がん・逆流生食堂炎などを調べないと

いけないそうです。

また、ピロリ菌などがあった場合には、除菌治療で完治する場合もあるそうです。

機能性ディスペプシアの種類は?

機能性ディスペプシアの種類としては、次の2種類があります。

  • 心窩部痛症候群(しんかぶつしょうこうぐん)
  • 食後愁訴症候群

の2つがあるそうです。前者は、空腹時に胃がキリキリ痛みますし、後者は

食後もたれがあるそうです。

この両方の症状が重なって起こったり、日によって違う症状が起こったりするので

どちらのタイプの症状かはっきり区別が出来ない場合があるそうです。

いづれにせよ、この病気を治すには、薬を飲んで症状を見守る事になります。

場合によっては、気長に付き合う事もありうるそうです。

胃もたれや胃痛が起こる原因は? 

この病名が発症する原因には何が考えられるのでしょうか?

今飲んでいる薬などがあったのであれば、鉄サプリなどを含んだ薬を

飲んでいないかチェックしてみるといいでしょう。

胃の不調を起こす薬として、鎮痛剤・抗生物質、サプリメントの鉄などが

ありますので、チェックしてみるといいでしょう。

また、日常生活の不摂生で症状を悪化させる事もあります。

  • 過労やストレス
  • 睡眠不足

など、心身のバランスを崩してしまうのも悪化原因となります。

この時期、何かとお酒を飲む機会が多くなるかと思います。

体調管理に努めて、気になったら早めに医師の診断を受けるのがいいですね。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 73現在の記事:
  • 49513総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: