健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮頚部高度異形成の症状は?発覚した後の治療や予防について

スポンサードリンク

こんばんは♪

弁護士の大淵愛子さんが、子宮頚部高度異形成で手術が必要と

健康診断で発覚したようですね。

あまり聞き慣れない病名なのでどのようなものか

調べてみました。

子宮頚部高度異形成とは? 

弁護士タレントとして活躍している大淵愛子さん

ふなっしー好きなのは、有名ですよね。昨年は、金山一彦さんと結婚したのは

びっくりしました。

その彼女が、健康診断の結果で”子宮頚部高度異形成”と診断されたとの事

あまり聞き慣れない病名ですが、女性特有の病名なんでしょうね。

症状としては、自覚症状がないそうですから検査して初めて発覚する

病名なんでしょうね。

病名にある異形成とは、子宮頚がんの細胞が正常細胞では無い変化した

状態の事をいうそうです。

女性の体の大事な一部の細胞が、正常と変化した状態の事と言うのでしょうね。

手術で治るみたいですから、しっかりと治してくださいね。

子宮頚がんとは?

そもそも、子宮頚がんとはどのような病気なのでしょうか?

子宮頚がんは、子宮の入り口の辺りに出来る”がん”を言うそうです。

子宮頚がんは、他のがんと違ってウィルスから発症するがんのようですね。

最近は、ワクチンがあるので、ウィルスを撃退する事は出来るのですが、

このウィルスは、誰もが持っているウィルスなんだそうです。通常は、体内から

体外に排出されるウィルスなんだそうですが、免疫力が衰えると、体内に残って

しまうので、子宮頚がんになる可能性があるそうです。

健診で発覚した場合の対応は?

子宮頚がんの健診は、とても簡単なもので痛みも傷も付く事はありません。

最近は、1年に1回健診を受ける女性が増えてきているとの事です。

健診時間は、5分程度で終わって、数週間後に結果がわかります。

検診結果後、異常ありと言われた場合は、細胞などを採取するなどしっかりと

した検査が行われます。

健診で異常があるとびっくりしますし、さらに”がん”などと言われると

大丈夫なのか?と不安になるかと思います。

不安がある場合は、医師にしっかりと聞くなりして不安を取り除くように

した方がいいですね。いつまでも聞けずになやんでいると、日常生活にも

影響を及ぼす可能性がありますしね。

子宮頚がん健診の治療は?

子宮頚がんで異常が発覚した場合は、再検査を受ける必要があります。

そのまま放置しておくと手遅れになる可能性もありますから、しっかりと再検査を

受けるようにした方がいいですね。

・中度異形成と言われた場合

2年以内に約8割の方が、元に戻ると言われてるそうです。定期検診を受けるなりして

2年間、しっかりと様子を見る事になるでしょう。

・高度異形成と言われた場合

高度異形成と言われた場合は、医師によって対応が違うようです。

治療と検査を兼ねた手術を進める医師もいますし、様子を見る医師もいます。

今回の大淵愛子さんは医師と相談した上で、手術に踏み切ったんでしょうね。

そして、子宮頚がんと言われると、余命は? 死ぬんじゃないか?と不安になるかと

思います。

まずは、検査を受けて医師と相談しながら、しっかりと治療を行う事だそうです。

そして、免疫力をアップするように努める事をすればいいのです。

また、子供が産めなくなるのではないか?と思う方がいると思いますが、子宮の状態にも

よりますけど、基本的には出産・妊娠は可能だそうです。

子宮頚がんの原因や治療法は?

子宮頚がんの主な原因は、しっかりとした事は言えませんが喫煙や免疫力の低下が

あげられます。免疫力を低下させる一番の原因はストレスです。

自覚症状がないだけに、なかなか気づきにくい部分もあるかと思いますが、しっかりと

検査をして、チェックをするようにしましょう。

この病気の治療としては、抗がん剤などの投与はありません。

高度異形成の場合は、治療と検査に一つとして手術があるそうです。

中度、高度異形成の治療としては、まず日々の生活を見直す事が第一

だそうです。その中で、免疫力を高める事 これにつきるようです。

子宮頚がんの予防として気をつけるベキ点は

  • 検査をしっかり定期的に受ける事
  • ストレスを溜めない事
  • 喫煙、飲酒を適量にしておく事
  • 食生活を見直す事

といった事が言われています。

何事も早期発見であれば、しっかりと治療すれば病気も治ると思います。

手遅れになっては、治る病気も治らなくなってしまいます。

そうなってからは、全てが手遅れになってしまいます。

免疫力をアップする生活をしながら、定期的に健診を受けるように

心がけていきましょう。

 

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 998現在の記事:
  • 50285総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: