健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肝機能障害の症状と治療法は?効果的な治療法について

スポンサードリンク

こんにちは♪

最近、健康診断で肝機能の数値がちょっと悪くなってしまいました。

え!何故肝機能が?と気になってしまいましたので原因や症状など調べてみました。

肝機能障害とは?

肝機能障害と聞いて、素人である私が想像するにアルコールの飲み過ぎで肝臓が悪くなったのでは?

と思ってしまいます。今回、私の検査結果で出た数値を見て、アルコールを飲み過ぎたのかな?と

いろいろ考えてみたのですが、そんなに飲んでもいない・・・

毎晩、飲み歩いているわけでのなく、家での缶チューハイを飲んでるくらいだったのですが、

どうやらそういう訳でもなかったようです。

私の場合は、食生活の乱れからくる肥満などで肝臓に脂肪がつきすぎて脂肪肝になった状態になり

肝機能障害が起こったように思われます。

このように、肝機能障害とは特定の病名を言うのではなく、肝臓に現れる不調や異常の総称の事を

言うそうです。肝機能の原因によって、いろいろな種類があるそうです。

 肝機能障害の種類と原因は?

肝機能の異常は、その原因によって次の種類に分類されます。

  • 脂肪肝
  • アルコール性肝機能障害
  • 薬物性肝機能障害
  • ウィルス性肝機能障害

に分類されます。

肝臓は別名として、「沈黙の臓器」として有名でありますよね。軽度の障害や自覚症状がないので

放置しがちですね、健康診断で数値異常が発覚してもなかなか、治療をせずに放置しがちです。

放置して症状が進行していくと、食欲不振・全身倦怠感・黄疸などの症状が出ますので、

早めに治療していくのが肝心ですね。 私も最近、毎年肝機能障害で引っかかっているので

早く治療しないといけないと医師に相談する予定です。

では、主な肝機能障害の原因を紹介しておきましょう。

・肝機能障害の原因

肝機能障害の原因は、カロリーの過剰摂取により肝臓にコレステロールや中性脂肪が付く状態
を言います。食生活の乱れなどが要因になりますね。

・アルコール性肝機能障害

過度の飲酒によって、アルコールが生み出すアセトアルデヒドによって肝細胞にダメージが
出ている状態をいいます。

・薬物性肝機能障害

毒性を持った成分・食品、またはアレルギーによって肝機能に異常が出ている状態です。

・ウィルス性肝機能障害

各種肝炎ウィルスの感染により、肝機能に障害が出ている状態をいいます。

肝機能障害の治療法は?

肝機能障害の治療法としていくつか上げてみますと、下記のような治療法があります。

脂肪肝の場合

脂肪肝の場合は、肥満などにより肝臓に中性脂肪が付着する事が原因です。

なので、脂身たっぷりの肉類は高エネルギー食材であります。

脂身が多い肉を食べるよりは、赤身のひれ肉やもも肉を選んだりするようにします。

鶏肉の場合は、皮に脂肪が多いので取るように心がけてみましょう。

そして、野菜類や海草類を多く取るように心がけてみます。野菜でも食物繊維の多い野菜を

食べるようにします。食物繊維が糖質やコレステロールの吸収を和らげたりします。

・アルコール性肝機能障害の場合

アルコール性肝機能障害の場合は、読んで字の如くアルコールの取り過ぎが原因です。

なので、禁酒が大前提になりますが、いきなりは無理な方はまず休肝日を設けて少しずつ

実践するのがいいと思います。

またアルコールばっかり飲んでいて食事をきっちり取ってない人は、低栄養になっている

可能性があります。

・ウィルス性肝機能障害場合

ウィルス性の場合は、日常生活において何かの拍子で感染してしまったケースです。

感染経路としてよくあるのが、注射器じゃないでしょうか?

感染のタイプとしては、B型 C型という言葉を良く聞きますよね。

B型感染には、効果的なワクチンがありますので、予防接種など受けておくのがいいかと思います。

C型肝炎は、輸血などから感染するとして過去に問題となりましたが、現在ではそのような事はありません。

いずれにして、医師への相談などが必要になってくるでしょうね。

肝機能障害には、水素水が効果的?

最近では、水素水が話題になっていますが、この水素水によって肝機能障害が改善されるのでは?

と言われているようです。

水素水には、肝機能障害の進行を抑える働きがあります。その働きとは、

中性脂肪を減少させる

水素を摂取する事によって、肝臓が中性脂肪を分解するホルモンを分泌するので、肝臓を太らせない

です。(脂肪肝野予防や対策に効果的)

・活性酸素を除去

水素水は、体内にある活性酸素を水に変えて無事化し、体外に排出します。

といった機能が水素水に備わっていますので、日々の生活に水素水を摂取するという

生活習慣をつけておくようにしましょう。

そうすれば、飲み忘れなどもなく、継続も出来ると思うので気軽に出来る予防法だと思います。

肝機能障害に限らず、病気は早々に発見するのが大事ですし、日頃からのチェックも必要ですね。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 597現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: