健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小児喘息や大人喘息が発症する原因と治療法について

スポンサードリンク

咳をしているかと思えば、ぜーぜーと言うようになって

胸がくりしかったり、息がくるしかったりします。

このような状況を喘息をいいます。最近では、子供だけでなく大人も発症する人が

多く見受けられるようになってきました。

喘息の治療などについて調べてみました。

喘息ってどんな病気? 

私も幼少の頃から高校生までの間は、喘息に苦しんできました。

小学校四年の頃に風邪を引いたかな?と内科に行ったのですが、その時に”喘息”と

診断されました。最初は、あまり感じなかったのですが、毎回風邪を引く度に喉の奥から

”ぜーぜー”言って、非常に苦しんだのを覚えています。寝る事も出来ませんでしたしね。

喘息とは、一言でいいますと”気管支炎などの空気の通り道が炎症によって狭くなる”病気の事を

いいます。昔は、小児喘息が問題視されていたように記憶しますが、今では大人の方でも突然

喘息を発症してしまうケースがあったりします。

では、喘息の原因は何なんでしょうか?

喘息の主な原因はカビやアレルゲン? 

喘息の多くの原因は、アレルゲンやカビと言われています。

また、ハウスダストや屋内のカビが原因で発症するとも言われています。

しかし、小児喘息の主な発症原因は以下のようになると思われます。

  • 家族に喘息を持っている人がいる。
  • アトピー性皮膚炎を合併する場合も喘息の頻度が高くなる。
  • アレルゲンに触れた事によって反応してしまう。

といったケースが考えられます。

アレルゲンについては、屋内屋外の両方で反応してしまう場合があります。

・屋内アレルゲン

ダニ、ほこり、カビ、動物(ネコ、イヌなど)

・屋外アレルゲン

花粉(スギ、ヒノキ、ブタクサなど)、昆虫

などが主な発症原因と言われています。

他には、ウィルス感染やストレスや薬物によるものもありますね。

私はアレルギー性鼻炎を持っていたせいもあったので、一度アレルギー検査を

行いました。その時に反応したのは、ブタクサでしたね。

その後、治療として体質改善など進められましたが、結局体質改善しないまま

いつの日か喘息の発作が収まり、その後発作は起きていない状態です。

喘息の治療法は? 

喘息の治療法としては、どのようなものがありますでしょうか?

喘息の発症原因が、ダニやカビなどによるものがありますから、まずは生活環境面を清潔に

保つという事が大事ですね。

ひょっとした事で、反応を起こしてしまって発作に繋がってしまっては、可哀想ですから。

環境面の整備を整えつつ、喘息でない子供と同じように運動などを行って

活動していく事が大事ですね。

後は、日常生活においては、長期的な薬物の投与になるかと思います。

薬物の治療において、効果的なのは吸入療法になりますね。

薬を直接疾患のある部位である肺を刺激して、治療しますので早い効果が期待出来ます。

喘息患者で一番つらいのは、あの”ぜーぜー”といってる発作ですので、一早く取り除いて

上げるのが肝心です。

その治療として代表的なのが、

  • ネプライザーを使用する。
  • 定量式吸入器を使用する。

の二通りになります。 私の場合は、定量式吸入器で肺に直接薬を投与してました。

寝る前とかにやってたのですが、発作が起きる心配もなくぐっすり眠れました。

小児喘息でも大人喘息でも、喘息と診断された場合は早めに医師の治療を受ける事を

オススメします。

 小児喘息の治療に水素水がオススメ♪

小児喘息の原因にアレルゲンと外的要因があると述べましたが、この外的要因の部分に

活性酸素が溜まってしまうのが原因であると考えられています。

喘息の治療に薬を使用した面と日常生活に水素水を取り入れて予防をする事が大切で

あると思います。 子供も発作を怖がらずに遊んだりする事が出来ますしね。

水素水の抗酸化作用によって、悪玉活性酸素を体外へ排出するので、アレルゲン以外の治療に

役立つと思われます。

小児喘息の治療は、長期的な期間になりますし、いつまでもステロイド剤で治療していると

ステロイドから離脱する事が出来なくなってしまうので、早いうちから水素水などによる

予防を実践する事をオススメします。

私の時代には、そのような治療が出来なかったので、今のお子さんは恵まれた環境に

いるのではないでしょうか?

水素水は、小児かぎらず大人にも有効ですから、大人の方も実践してみてはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 120現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: