健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エゴマ油の効能とは?認知症などの脳への影響が効果的!

2015.12.22

1件

スポンサードリンク

こんにちは♪

最近、メディアでエゴマ油が取り上げられてから話題になってますよね。

エゴマ油にある効能などが人間の脳に効果を齎すとか。

どのような効果や効能があるのでしょうか?

エゴマ油などについて、調べてみました。

 エゴマ油とは?

メディアで取り上げられるようになって、初めてエゴマ油を知りました。

エゴマ油とはどのような物なのでしょうか?

エゴマ油とは、シソ科の一年草。東南アジア原産とされています。
地方名にジュウネンがあり、食べると十年長生き出来るとい言われもある
食用または油を採るために栽培されている
エゴマ油は、その種子から絞った油で荏の油とも言われて食用にも用いられる
(Wikipediaより)

オメガ油は、メディアで取り上げられて人気が出てきた油ですが、どのような効能や効果が

あるのでしょうか?

 エゴマ油が脳に効果的な理由とは?

最近、脳二関する研究におて、ヘンプシードオイルがアメリカで非常に注目されています。

アメリカのケンタッキー州で今、ヘンプシードオイルの原料となる麻を栽培している農家が

増えている程です。

以前は、タバコ栽培をしいた農家も今は、麻の栽培をしている農家が増えてきたようです。

その理由は、脳の健康にいい食用オイルのヘンプシードオイルが広まりつつあるからだそうです。

そしてヘンプシードオイルが脳にいい理由としては、

”ヘンプシードオイルには、複数の脂肪酸がバランス良く含まれており、脳に良いオメガ3も多く
数種類のミネラル分もある事から脳に良いとされています。”

現在の日本においてもヘンプシードオイルは人気の食材の一つでありますが、アメリカでは、

ヘンプシードオイルだけでなく、麻の実をサラダなどに混ぜて食べるといった事がセレブの人達の間で

ちょっしたブームになっているようです。

そして、エゴマ油が脳に効果的な最大の理由は、オメガ3を多く含んでいるからです。

本来、オメガ3を摂取するには、魚を食べる事によって摂取していたのですが、最近では

魚を食べる機会が減ってきた事から、エゴマ油からオメガ3を摂取するようになってきました。

また、オメガ3の効能は、脳機能の改善です。

マウスの実験において、オメガ3を欠乏したマウスは、物覚えが悪くなったという結果もあるようです。

日本におけるエゴマの栽培は、島根県で行われていますね。

えごま油4本セット

えごま油4本セット
価格:3,685円(税込、送料込)

エゴマの効能は?

エゴマ油は、シソの香りがする油ですが、その成分には次の物が含まれています。

  • オメガ3
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • 飽和脂肪酸

これらの成分のうち半分以上を占めるのがオメガ3ですが、脳を機能を保ち活性かさせる

エゴマ油は畑の青魚とも呼ばれています。

エゴマ油を使って料理をして、エゴマパワーを摂取してみるといいかもしれないですね。

最近、メディアによってエゴマ油に認知症予防の効果があると伝えられましたね。

それに役立っているのが、オメガ3であると思われます。

また、エゴマの種に含まれているルテオリンが肝炎や肝細胞の癌化を抑制する

効果があると発表されました。

他には、アレルギー体質の改善にも役立つとも言われています。

エゴマ油ひとさじで、いわし3匹分のオメガ3を接収出来ると言われています。

料理に使うだけでなく、刺身などにエゴマ油を掛けるといった利用法もあるようです。

エゴマ油のデメリットとしては、加熱してはいけない事だそうです。

加熱するとエゴマの効能もなくなってしまうそうなので、注意ですね。

エゴマ油の接収によって、認知症の予防などに改善があるのであれば、

嬉しいですね。

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 245現在の記事:
  • 50248総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数: