健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミネラルウォーターの軟水と硬水の違いは?水素水にも違いはあるか?

スポンサードリンク

ミネラルウォーターを購入すると軟水と書いてあったり、硬水と書いてあったりしますよね。

単に水を飲んでればいいだろうと思っていたのですが、硬水と軟水で効能など違いがあるようです。

また、今話題の水素水にもそういった違いはあるのでしょうか?

ミネラルウォーターの軟水と硬水の違いとは? 

飲料水や生活用水を含めて、全ての水については「軟水」と「硬水」のいづれかに分類されるそうです。

水がそのいづれかの分類に入るかの目安は、水1リットルに含まれる「マグネシウムイオン」と

カルシウムイオン」の量によって判別されるそうです。

軟水・・・カルシウムとマグネシウムが含まれる量が100mg未満のもの

硬水・・・カルシウムとマグネシウムが含まれる量が100mg以上のもの

以上の基準で識別されるそうです。

日本の水は、沖縄の一部の地域を除いてほとんどが軟水であるそうです。

ヨーロッパなどの海外においては、硬水が多いみたいですね。

軟水と硬水の特徴は? 

海外のミネラルウォーターと言えば、ボルビックやエビアンが有名ですね

ボルビックは、ヨーロッパでは珍しく軟水だそうです。エビアンは硬水のようですね。

何となく軟水の方が飲みやすかったりしますが、軟水と硬水でどのような特徴があるのでしょうか?

簡単にお互いの特徴を上げてみますと

【軟水の特徴】
・口当たりが柔らかい
・緑茶を入れる際に色や風味が出しやすい
・煮炊きの多い日本料理に適している
・石けんや潜在が泡立ちやすい

【硬水の特徴】
・のどこしが硬いがしっかりした飲みごたえがある。
・肉を煮る時などアクが出やすいが和風料理にむいていない
・緑茶を入れる際に色や風味が出しにくい
・石けんや潜在が泡立ちにくい

といった特徴があります。

他には、軟水は皮膚細胞を活性化する作用があってり、赤ちゃんのミルクを作るのに適しています。

赤ちゃんのミルクを硬水で作ってしまうと、赤ちゃんの内蔵に負担がかかってしまうので、

軟水で作る事をオススメします。

硬水は、ダイエット中のミネラル補給に適しています。硬水を飲む事によって、ミネラルを補給し

むくみなどを解消出来たりします。

また、カリウムを摂取出来ますので脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣予防にも繋がっていきます。

今の自分の状態によって、軟水や硬水を飲み分けるといいですね。

 硬水と軟水の種類は?

市販されているミネラルウォーターの硬水と軟水はどのような製品があるでしょうか?

【軟水】
・クリスタルカイザー
・いろはす
・富士ミネラルウォーター
・ボルヴィック
・サッベネット

【硬水】
・エビアン
・ペリエ
・ヴィッテル
・サンペグリノ
・コントレックス

といった製品の識別になります。参考していただけたら嬉しいです。

水素水に軟水と硬水の違いはあるか?

ミネラルウォーターに軟水と硬水があるのであれば、水素水にもその違いはあるのでしょうか?

水素水には、軟水でも硬水でもありません。

水の高度に関係するものは、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが関係しますので、

水素は全く関係を持たないです。

水素水が軟水か硬水かの違いは、水素水を製造する前に水素を注入する水に影響すると思います。

日本での天然水は、ほとんどが軟水であります。

軟水の天然水に水素を注入する事によって、水素水を作成していますのである意味軟水系の

水素水を言ってもいいのではないでしょうか?

水素水を飲んでみると、口当たりがよく飲みやすかったですね。

そして、普段飲んでいるミネラルウォーターより、まろやかで美味しいと感じました。

軟水や硬水については、自分の状態にあった水を飲んでみる事がいいのではないかと思います。

 

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 159現在の記事:
  • 49513総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: