健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塩抜きダイエットが効果的な理由とその危険度は?

スポンサードリンク

ダイエットは、いつになっても男女問わず永遠のテーマですね。

なかなか効果が出ないとやけになったり、効果が出ると嬉しかったりと

ハラハラドキドキします。

そんな中、塩抜きダイエットが効果的との噂を聞きましたが、その裏腹に

危険な面もあるようです。塩抜きダイエットの事を調べてみました。

塩抜きダイエットとは? 

塩抜きダイエットとはどのようなものなんでしょうか?

お風呂にソルトでも入れるのかな?と思ったりしたのですが、どうやらそうではないようです。

塩抜くダイエットとは、食事から塩分を取らないダイエット法みたいですね。

よく日本人は塩分の取り過ぎだから控えなさいと言われますが、全く取らないとは

驚きました。

塩分を採るのを3日間だけ摂取するのをやめて短期手中で行う方法

塩分の摂取をやめるメリットとしては、むくみや脂肪燃焼を促進させてダイエット効果を

得るやり方みたいですね。

しかしながら、塩分を全く取らないのは、人間にとって危険なようですね。

ダイエットをするにも命がけ?といった感じみたいですね。

塩分を取り過ぎた場合のデメリットは? 

日頃の食生活において、塩分を取り過ぎた場合体にどのような症状が起こるでしょうか?

  • のどが乾く
  • 血圧が上がる
  • 体がむくむ

といった体の症状が現れます。普段、気がつかないと思いますが、最近むくんできたなとか

血圧を測ったら高すぎ?と感じた時は、遅かったりするかもしれないですね。

塩分を取り過ぎたりすると、体の症状が出てくるだけでなく、いろんな病気になったりしますので、

気をつけないといけませんね。

その時に考えられる病名としては、

  • 高血圧症
  • 腎臓疾患
  • 不整脈や心疾患

などの病気になったりする可能性があります。

ダイエットする為に実践するのもいいですけど、こういった病気を引き起こす要素が

あるという事を念頭において実践したほうがいいですね。

塩抜きダイエットの効果は?

塩抜きダイエットとは、塩抜きの食事をする事によって古い塩分を排泄する事が出来るので、

その時に一生に脂肪も溶かして排泄するので、結果的に痩せられるという事になります。

塩分の多い食事を取りすぎると、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

そして、体内に塩分が溜まってむくみに繋がっていきます。

血流も悪くなって、栄養や酸素も上手く運ばれなくなってしまい、この状態が続くと

代謝機能が落ちていってしまいます

それ故、塩分を抜いた食事を実践する事で、血流がよくなり代謝も上がっていき

むくみの解消にもなります。

また、腸の改善や美肌効果があったりと、期待出来る効果が多いようです。

しかしながら、塩抜くダイエットをやるのは、3日間での集中的に実践します。

塩分を全く取らないのが長引いてしまいますと、危険があるので、最低でも3日間でのみ

実践するべきであります。

塩分を全く取らなかった場合の危険な理由とは?

体がむくんできたし、速効性のある塩抜きダイエットでもやろっかな?と検討するのはいいですが、

やり方を間違えると危険を含んでいますので、注意が必要です。

人間の体に本来必要とされている塩分(ナトリウム)を取らないという事は、体のバランスを崩して

しまう事になり、どこかに無理が生じる事になります。

その結果、体液や栄養素の循環が悪くなったりして、肌我荒れたり、視力障害がおこったりと

影響が出てきます。

また、極度にナトリウムが不足してしまいますと、内蔵の働きがおかしくなったりと、体に

悪い影響を及ぼす結果となってしまいます。

なので、しっかり摂取すべきものは採る。極端に採りすぎるという事ではなく、

適量を採るように心がけるようにしましょう。

どうしても試してみたいと思う方は、最低でも3日間だけにしておくようにしましょう。

塩抜きも塩取り過ぎも、どちらもご注意を!

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 136現在の記事:
  • 50286総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数: