健康や体の悩みなどをサポートする情報サイト♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水素水を保存するタイプ別水筒におけるメリットとデメリットは?

スポンサードリンク

水素水を家庭でも手軽に作れるとあったら、いろんなシーンで水素水を持ち歩きたいのではないでしょうか?

スポーツの合間に飲んだり、アウトドアでハイキングをしたりと様々名シーンがあると思います。

持ち歩く時には、水筒などの容器が必要になってきますよね。

その容器の種類やメリットでメリットをまとめてみました。

水素水を持ち歩く時の水筒の種類とは?

水素水を持ち歩く時には、水筒のような容器が必要になってきますね。

水素水なので、いろんな種類の容器に入れられると思うのですが、持ち歩いたり家での保存する為の容器として

代表的な物は、次の容器になるといえるでしょう。

1.ペットボトル

 水素水生成器を持っていたり、またスティックタイプの水素生成器がお持ちであるならば、

 家で手軽に水素水を手軽に生成する事が可能ですよね。 生成した後に、保存する容器が

 必要になってくるかと思います。

 一番手軽なのが、ペットボトルになりますね。 市販のペットボトルでしたら容器代も

 そんなにかかりませんし、洗って何度でも使えますね。 生成した水素水をペットボトルに

 保存して冷蔵庫に冷やしておくなりすれば、

 いつでも飲む事が出来ますし、お茶やコーヒーにでも使う事が出来ますね。

 我が家では、酌んできた水素水をペットボトルに入れて冷蔵庫で保存しています。

2.アルミボトル 

 アルミボトルは、コンビニなどで飲料水やアルコールなどのドリンク製品に多く使われていますよね。

 水素水をトレーニングジムなどから酌んでくる場合に、便利であると思います。

 また、ウォーキングや登山、ハイキングなどのアウトドアに行く時にも水素水を入れていけますよね。

 アルミボトルは、魔法瓶までとはいいませんが保温出来るタイプの物もありますから、熱い水素水を

 入れていく事も可能ですね。

3.アルミパウチ

    これは、飲みきりタイプの容器になりますので、メーカで生成された水素水がこの容器に入っている商品を

    購入してそれを持ち歩くといった感じになりますね。

    容器本体も場所を選ばなくてすみますし、コンパクトサイズですから持ち運びには便利です。

    そのまま冷蔵庫などに保管も出来ますし、持ち歩いた場合 あまり好ましくはないですけど、

  外出先で飲み終えた場合ゴミ箱に捨ててくる事も可能ですね。

それぞれの水素容器のメリットとデメリットは? 

     水素水の保存容器として、3タイプの容器を上げましたが、それぞれには

     メリットとデメリットがあるようですね。

  水素水を外出先でも飲みたいので持ち歩きたい 家でいつでも好きな時に

      飲みたいなどいろいろあるかと思います。

  それぞれのシチュエーションによって、保存容器を使い分けるとよいかもしれませんね。

  しかし、保存する容器においてもメリットとデメリットがあるようです。

1.ペットボトル

ペットボトルのメリットとしては、

1.コンビニやスーパーで手軽に購入出来るし、汚れて交換したい時も苦にならない
2.自宅で水素水を生成した時の保存容器としては、手軽で冷蔵庫にも保存出来る
3.持ち運びにも便利で飲み終わった後のペットボトルは、リサイクルが出来るのでエコに優しい<

といった点でしょうか

ペットボトルのデメリットとしては、

1.水素が逃げやすい構造である。
2.密閉性が乏しいので、水素が空気に触れやすい環境を作りだしてしまう。

2.アルミボトル

アルミボトルのメリットとしては、

1.ペットボトルと違って、長時間の水素をキープする事が出来る
2.容器本体が、頑丈で携帯に適している。
3.日光が遮断されるので水素が抜けにくい<

といった点ですね

アルミボトルのデメリットとしては、

1.ペットボトルより保存性は優れているが空気が残存しやすい。
2.空気が残存すると水素が減ってしまうリスクがある

といった点が挙げられます。

アルミパウチのメリットとしては、

1.飲みきりタイプで、機能性や保存性に優れている。
2.余分な空気を抜きながら水素を補填する事が出来るので、濃度が高くなる。
3.1年ぐらいの保存が可能なので通販などで購入した場合、水素が無くなってる事がない<

という点です。

アルミパウチのデメリットとしては、

1.一度開封したら、空気が抜けてしまうので製造時の状態を保存出来ない。
2.製造コストがかかるので、コストがかかって価格が他より高くなる。

といった点が挙げられます。

それぞれの容器について、メリット・デメリットを挙げてみましたが、それぞれのシーンによって

容器を使い分けるといいかと思います

あわせて読みたい関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ブログランキング

訪問者数

  • 2319現在の記事:
  • 49909総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 9昨日の訪問者数: